キューティクルラインに合わせた100均ネイルチップの作り方

 

 

100均で購入したネイルチップを使って、可愛いつけ爪を作ることができます。

 

まず、指の根元にあるキューティクルラインを整えましょう。
キューティクルラインがあいまいだと、ネイルチップのサイズが狂ってきます。

 

100均で販売されているネイルチップには、「透明なもの」と「半透明なもの」がありますが、透明感を出したいなら「透明なもの」を、「半透明なもの」を使用すると色がしっかり付きます。

 

どのようなデザインにするのか決めてから、色を塗ります。

ネイルチップの作り方ですが、まずベースとなるカラーを塗りましょう。
小指から親指まで、すべての指にカラーを塗ります。

 

一般的には、ドットやハートなどの模様を描いてから、その上にラメやラインストーンなどのパーツを乗せていきます。

 

接着剤を塗る際には、付け過ぎに気をつけてください。
つまようじなどを使って、ごく少量をくっつけるとよいでしょう。

 

パーツをしっかり接着剤で固定したら乾くのを待って、最後にトップコートを塗れば完成です。